疲れが取れないならツボで解消!目の疲れや肩こりもスッキリ

 
 

SASって知っていますか?SASは睡眠時無呼吸症候群というもので、文字通り睡眠中に呼吸が止まっている常態を言います。SASは早めに手を打たないと色々な病気の原因になりかねません。ストレスや更年期障害に悩むお父さん方にはおそろしい病気です。

「目の疲れ」「肩こり」「禁煙」など、現代サラリーマンの悩みを解消するツボを紹介。ツボの位置は人によって違いますが、決して小さいものではなく、10円玉程度の大きさがあります。触って痛いところ・気持ちいいところがツボといえるでしょう!

頭のツボ

目の疲れスッキリのツボ
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

仕事中に、目がチカチカしてきたり、かすんできたりしたときは、ちょっと休んでツボ刺激を。
太陽(たいよう)

眉じりの外側と目じりの外側の中間あたり。
人差し指、または親指の腹で、始めは少し弱めに、力を少しずつ加えて、最終的にはしっかりと押します。
瞳子リョウ(どうしりょう)
目じりの指幅1本外側の骨のくぼみ。
人差し指の腹で、左右同時に少しずつ力を入れて2秒くらい押し、これを繰り返すようにします。疲れ目の治療には、必ず用いられる大切なツボです。
睛明(せいめい)
目頭と鼻柱の間にあるくぼみ。
指の腹で静かにもむように押します。眼球を押さないように注意してください。


肩こりラクラクのツボ

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

目の疲れは、首や肩の張りをともなうことが多いです。そこで、肩こりに効くつぼも紹介します。
天柱(てんちゅう)
首の後ろ、髪の生えぎわにある、2本の太い筋肉の外側のくぼみ。
両手で、頭を後ろから抱え込むようにし、親指でツボを刺激します。首のこりがほぐれます。
肩井(けんせい)
後ろ首の根もとと肩先の中間のところ。
自分で押すのはちょっと難しいかも。ひとにやってもらうときは、後ろに立って肩をつかむようにして、親指で強めにもみ押してもらうといいでしょう。近くにある曲垣(きょくえん)、肩中ゆ(けんちゅうゆ)も指圧し、周囲を手のひらで押してなでるようにすると、さらに効果的です。

禁煙お助けのツボもある
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

耳の神門(しんもん)
耳の上側のくぼみの先。
指圧のポイントが小さいため、ボールペンの背を利用するとよいでしょう。3〜5秒間押し、これを5回ほど繰り返します。禁煙の際に生じる、生理的な禁断症状、例えばイライラや落ち着かない、集中できないなどという症状を解消してくれます。ただし、ここは、禁煙の際に生じるストレスなどを解消するために、効果的なツボ。このツボを指圧すれば、たばこをやめられるわけではありません。

気軽に押せて疲れがとれる、手のツボはここだ!
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

首のこり、ひじから肩までの腕の痛みに効く天井(てんせい )
ひじを曲げ、ひじ頭から肩のほうへ向かって、指幅1本ほど上をさぐると、少しくぼんでいるところ。
頭痛、頭が重い…ときには曲池(きょくち )
ひじを曲げるとひじの内側の関節部に横じわができます。その親指側のはじにあるツボ。ここを圧迫すると痛みが感じられます。このツボは下痢や便秘にも効果大です。
ムカつく〜!!というときには手の三里(てのさんり)
前腕部の親指側の側面にあるツボ。手のひらを上にしてひじの内側の曲がり目から3本ぐらいのところ。ここを押さえると中指の方に痛みが走るのが感じられます。昔から神経を静める効果があるとされています。
二日酔いに効くのが合谷(ごうこく)
頭痛、腹痛、下痢、便秘、二日酔いによる気分の悪さなど、幅広い症状に効くツボ。月経痛など女性の生理に関係する症状にも効果があります。 動悸・息切れ、精神を安定させるのにも効くげき門手のひらを上にして手首を曲げると、ひじの中央に固いすじが出ます。そこから手首の中央まで伸ばした線の真ん中にありまする。
疲れ易い、だるいときは 手の神門(しんもん)
手のひらを上にしたとき手首の関節部の小指寄りの端にありまうs。インポテンツにも効くといわれているツボです。

 

この痛さが気持ちいい!?「リフレクソロジー」
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

あなたは「リフレクソロジー(reflexology)」という言葉を知っていますか?「反射」という意味のreflexに「学問」を表すlogyをつけて「反射区療法」という意味です。
日本では主に足の裏のマッサージを指して言う場合が多いです。医療行為ではなく、民間療法のひとつなのです。テレビ番組でレポーターが足の裏をもまれて絶叫しているのを時々見かけたりしますが、あれがまさにリフレクソロジーなのです。足の裏にある「反射区」をマッサージされることで、全身の不調な部分を刺激されて痛がっているというわけです。しかし、施術後は足がぽかぽかして体全体が軽くなっているから不思議です。



「反射区」とは?

__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

足つぼ

そもそも「反射区」とは各器官や内臓につながるといわれる末梢神経の集中個所のことです。反射区は体の特定の部分と密接に関わっているとされ、ここを刺激することで間接的に頭や背中、胃、肝臓など全身に働きかける作用があると考えられています。

専門家の話によれば、「足の裏にある反射区は、人体と一致している」といいます。「ちょうど体を半分に割ったものが左右の足の反射区になっているというイメージです。頭部は左右の親指に、胃はちょうど土踏まずの辺りに、生殖器はかかとの方にあります。土踏まずがアーチ型になっているのは、胃を守るためでもあるんですよ」とのこと。ちなみに台湾式の足裏反射区では首部分から上が反転して、右足は左の頭部を、左足は右の頭部の反射区となっています。反射区は他にも顔や手、耳にもありますが、一番効果が現れやすいのはやはり足の裏だとか。
反射区を刺激していると、不調の箇所は固くなっていると言います。専門家は、ほとんどの人は目・肩・腰に不調があるといいます。女性は特に冷え性やむくみ、便秘がちの方が多いので、ツボを刺激してみましょう。

 

身近なものでツボ刺激
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

指先や耳などの、小さいツボの刺激には 米粒を小さなばんそうこうでツボに貼り付ければ、そのままでもツボ刺激になるし、ばんそうこうの上から押したりすることもできます。
つまようじを5〜6本たばねて使います。ただし、ケガをしないよう、押しすぎには注意しましょう。ヘアピンや綿棒などでも代用できるでしょう。

肩やお腹、腰などの温刺激には
ツボ刺激は指圧だけではありません。
お灸など患部を温める熱刺激が効果的な場所もあります。
たとえば、肩、お腹、腰などだ。こういった所の熱刺激フォローグッズとしてグッドなのが、ヘアドライヤー。温風を近づけ「熱い」と感じたら離すという動作を繰り返します。ヤケドなどしないよう、近づけ過ぎに注意です。

足裏の習慣的な刺激には
重要なツボが集まっているのに、刺激しにくい足の裏ですが、たわしでゴシゴシやれば、マッサージも兼ねて効果的ですよ。皮膚の弱い人は、ヘアブラシや歯ブラシで代用しましょう。手も同じようにやってみましょう。すごく気持ちいいですよ。

鼻づまりに効くツボ
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

イビキの場合、直接イビキを治すツボというのは存在しないようです。 ここでは、鼻づまりに効くといわれるツボを紹介します。イビキの原因が鼻づまりではないかと思う人は挑戦してみてください。

天柱(てんちゅう) 後頭部の生え際で、2本の太い筋肉のすぐ外側のくぼみ。
両手の親指をそれぞれのツボにあて、頭を右に傾けると同時に、左手の親指で斜め下に押し下げるつもりで、息を吐きながら指圧(3秒くらい)、息を吸いながら力を抜きます。これを5回くらい繰り返したら反対側も同様に行いましょう。

曲左(きょくさ)
髪の生え際から親指の半分くらい上がったところで、頭のてっぺんと顔の真ん中を結ぶ線から指の幅2本分くらいのところ。座った姿勢で、親指を除く4本の指の腹で、左右のツボを額の方から頭のてっぺんに向け、ゆっくりと力をいれながらなでさすります。5回くらい繰り返しましょう。

迎香(ずいこう)
小鼻の外側のくぼみ。
座った姿勢で両手の人指し指をそれぞれのツボにあてて、息を吐きながら軽く押します。5回くらい繰り返しましょう。

口臭を防ぐツ
__________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

肝ゆ(かんゆ) 肩甲骨と骨盤の真ん中辺りの背骨(第9胸椎)から指の幅2本分外側。
いすに座り、右の親指を右のツボにあて、小さく回しながら押します。5回くらい繰り返し、反対側も同じようにやります。
頬車(きょうしゃ) 口を大きくあけ、あごを動かしたときにできる耳の下のくぼみ。
両手の中指をそれぞれのツボにあて、第2関節を曲げるようにして押します。5回くらい繰り返しましょう。
下関(げかん) ほお骨の下に沿って指をすべらせ、一番くぼんでいるところ。
右親指をツボにあて、下から上に突き上げるようにしながら首を同じ側に曲げます。目安は両側5回くらいずつです 。

Valuable information

Last update:2017/1/27

TOP

 
女性の悩み|男性の悩み|高齢者の悩み|プロペシア|プロペシアQ&A|ペットからの感染病|体のツボ|悩み解決策|お問い合せフォーム
プロペシアで解決!悩みドットコム

Copyright (C) 2008 プロペシアで解決!悩みドットコム All Rights Reserved.